Music for SDGs プロジェクト

音楽を通じて持続可能な未来に貢献したい ”Music for SDGs” プロジェクト
”Music for SDGs” Project (as of March 25,2019)

Mack Okubo 大久保 亮(Project Director)
Music for SDGs Project Team

Click Here For English Version

私たちは以下の目的のもと、”Music for SDGs” プロジェクトを立ち上げましたのでお知らせいたします。
誰も取り残さない!のキャッチフレーズのもと、エンターテイメントと教育を融合した音楽イベントを通し、よりわかりやすくより多くの人が楽しみながらSDGsへの理解を深める機会を提供する。

“Music-for-SDGs” Project 企画書ダウンロード (as of March 25, 2019)

その第一弾として、2018年11月1日にNYのタイムズスクエアで、ジャズミュージシャンによる日本のアニメ音楽の演奏とSDGsに関するトークイベント『JAZZ Concert – ANIME for SDGs』を実施し、成功をおさめました。

2019年は、G20関連イベントやTICADが日本で開催される機をとらえ、ジャズ、ロック、和楽器、ラテンといった多様な音楽やミュージシャン、ダンサー、モデル、マジシャン等の異なるジャンルのアーティストを招き、SDGsを推進する音楽イベントを企画中。また東京オリンピック・パラリンピックや大阪万博、国連イベント等とタイアップしたイベントも検討中。

上記のビジョンを達成するため、活動を支える事務局を立ち上げ、SDGsをサポートし、趣旨に賛同していただけるスポンサーやコラボレーター、アドバイザーを募集中。特に社会貢献活動に熱心な海外のセレブに当プロジェクトのアンバサダーをお願いすることをめざしています。

(http://MusicForSDGs.com  or email MusicForSDGs@gmail.com )